皮算用は皮算用のまま

終わる…
今週もウインファイブ
残念無念だったよう

ガッカリ顔の写真さえ
撮り忘れ
気持ちを切り替えること
「のみ」に
心が向かった
そんな夕刻でした

一騎打ち
いいレースだったね

オグリキャップと
タマモクロス
芦毛馬対決を思い出す
秋の天皇賞
あの時は
タマモ先輩が先着
枠連しかない時代
250円くらいだったのでは

さて
馬券の続報より
気になるのは
内田博幸騎手のケガ

首の骨折
どうやら
内田騎手「だから」
この程度ですんだらしい

それでも全治二ヵ月とも

大井競馬場のレースで落馬
首が痛いと言いながら
シャワーも浴び
着替えもしたらしい
つまり
首を普段どおり使ってた

しかし痛みは激しく
病院に向かうと

これは大事(おおごと)と

少年時代
体操部だった内田騎手
首の筋肉がすごいのは
見ているだけで
わかっていたが

今回
その強靱な筋肉が
骨折個所を守る形で
いたのではないかと


同じ骨折でも
フツーの人なら
より大変なことに

しかし
内田騎手も
いざ入院したら
大変なことになった

固定である

ムチウチ症の
あの次元ではない

ベッドに
部屋に
がんじがらめ

詳細はあえて書かぬが

意識がはっきりしていて
1センチたりとも
自分の頭を動かせない

それが何日続くか

騎手のケガは生命に関わる
福永洋一さんもそうだった

内田騎手のケガは
神経を傷つけてなくて
つまり
治るメド
復帰するメドがあるだけ
いいのだと


これでダービー連覇も
消えた

しかし
今はただ
治療に耐えて
復帰を願うのみ