ファンなんです

と、いえる人に会えた
昨日の話

みんなのKEIBA
安田記念で
ゲストが
安田美沙子さん←ファン

いつもニコニコ
癒されるんだよな〜
アパパネ残念だったけどね

そしてレース

リアルインパクト
ディープインパクト産駒
しかも
18頭中唯一の3歳馬
このレースが
3歳馬が初めて
年上の馬と戦えるレース

…ここまでは「3歳戦」と
「4歳以上戦」にわかれているが

ダービーが終わると

「よお3歳よ、お前らも
そろそろ先輩たちにお手合わせ願わないと。
もう、後輩の2歳がデビューするんだからよ」

てな風に毎年なっている
これが、競馬のカレンダー

だから、いきなりで
この先頭ゴールは立派

4時10分ごろ
検量室付近に降りた
芝コースの上では
ようやく表彰式が終了

遠くから「あの人」の声がした

ありがとうございますっ
ありがとうございましたっ

あの人は会う人ごとにお礼を言っているようだ

声がだんだん近づいてくる

僕はバッグをふたつ、提げていたが
両手を空けたくなり
それらを足元に置いた

きっと
おめでとう とは
何百回も言われているんだろうな
何度言われてもうれしいんだろうけど

よかったですね

こう声をかけた

それでもあの人は

ありがとうございましたっ

とてもキリッとした表情で
そして真面目な表情で

僕と両手で握手した。

戸崎圭太さん ←ファン
現在、大井競馬所属騎手。

彼にとって中央競馬のG1レース
初勝利である

もちろん、地方競馬の騎手が
中央の、しかも大レースに乗るには
かなりの条件がある

そのなかでも大きいのが
「その腕を買って」というものだ

現在大井では彼がナンバーワン

先輩・内田博幸と同じ道=
試験を受けて中央競馬の騎手に「転籍」
するのではないかと言われている

さてどうなるか

でも僕は
彼がどこの所属で乗ろうと
きっとファンであり続けるに違いない

馬券を取らせてもらったとかじゃなく
あの真摯な表情がファンにさせるのだ

そして夜
都内にて

競馬専門チャンネルでお見かけする
素敵な女性に遭遇


水野由加里さん ←ファン

イメージ通り
いやそれ以上、素敵な女性だった

…あれ、美女とのツーショット写真が
こんなに後ろになってしまった…

水野さん、ごめんなさい
「大トリ」ということでご容赦ください

ともあれ
こんな一日が
また、ありますように