入居まぢか

…昨日の飛べアナの写真は
大きすぎた…まさに飛んでいた

まあ、ヨシとしますか

さて
こんな場面を見ることは滅多にない!
って話だよ
次にこんな機会があるとしても
きっと僕がチョーおじいさんの頃でしょうからね



かなり久々の栗東トレセン行きだった今回
(といっても2か月弱ぶり)
毎度の風景のようで、変わっていた!
馬の住みか=厩舎が新しくなっている

3、4年前くらいから
広いトレセン内では
時間をかけてブロックごとに

新しい厩舎を建て〜
古い厩舎から引っ越し〜
古いのを取り壊し〜
その場所に新しいのを建て〜

の繰り返しをしている
あのディープインパクトも
引退直前に
同僚ともども引っ越したものだ


歩いていたら見つけたのだよ

出来立てホヤホヤの厩舎

「堂々完成」
「馬とともに、住まう。」
なーんて広告やチラシはないけれど
まさに内覧を終えて入居待ち?の段階

ウマは、いざ知らず
ヒトのほうは
新居だ〜仕事がんばるぞ〜
って気分になるでしょ

この新しい建物から
名馬が出現するかも

そしてその名馬は
まだ生まれていないのかもしれない

…競馬はこんな風に
何かと理由つけて
あ〜だのこ〜だの
想像するのがおもしろいのです