ここにも行かねば 3冠ウイーク 3

サッカーボーイ
(1985.4.28〜2011.10.7)
の馬房にて

オグリキャップと同い年でした



最後の日々を過ごした部屋には
花 そして
現役時代からのファンとみられるメッセージが
供えられていました

彼が活躍したころ
こんな言葉があったなあ
「ノーザン×ディクタス」
「ノーザン×リアル」

時の大種牡馬
ノーザンテーストの血を引く牝馬に
どんな種馬を掛け合わせるべきか

サッカーボーイの父
ディクタス

あるいは
ステージチャンプの父
リアルシャダイ

ほかにも
エアグルーヴの父
トニービン

いずれもそうした使命を課せられて
輸入された種牡馬たちです

その集大成が
サンデーサイレンスになるわけですが



それにしても 芝レースの
マイル戦(1600メートル)が得意で
2000メートルの日本レコードも出した
サッカーボーイが
いざ種馬になると…

菊花賞(3000メートル)を勝った
ヒシミラクルとか
ナリタトップロードとか

ダートレースで強かった
キョウトシチーとか

スピードよりスタミナ勝負の仔を
たくさん出したのはおもしろい

彼のどこかに隠されていたんだね

今週の菊花賞だって
誰にも気づかれず
体の奥底にある血が騒いでいる馬が
いるかもよ

これが血統のおもしろさ