いよいよ 有馬記念(またつづき)

どんなヒントも 探し当てないと 
だって
最後くらい 当てたいでしょ     
それにはやはり  
出走馬のそばに行くことが必須 

と思い 先週も今週も トレセンへ

去年勝った オルフェーヴルは出ないが
今年の2冠馬 ゴールドシップとか
悲願のG1獲りへ ルーラーシップとか
(その筋のヒトたちは これを
『シップシップ馬券』というとか)

今年は10歳の馬が G2レースを勝った
それに比べりゃ?
9歳のネヴァブションだって 来るかもよ

いろいろ歩きまわり
こちらも訪ねました 

石坂 正(いしざか せい)さん

そう!今年の3冠牝馬 ジャパンカップも勝った 
ジェンティルドンナの調教師さんだよ



九州出身 大学生から 競馬を見始め
…ここまでは 一ファンと同じだよね。
縁もないまま 北海道の牧場へ
やはり仕事はつらく 一旦関西に戻り
しかしまた 牧場で働き トレセンで働く
…この辺は 一ファンの、その先だね。

そして調教助手 さらに いまや
日本を代表する調教師の おひとりです

たくさんのお話をうかがって
へぇ〜!や ホントですか?や なるほど。や
(詳しくは 年明けのギャロップに掲載します)

これくらい頭に詰め込めば
有馬記念も おそらく



ジェンティルドンナはじめ
石坂厩舎からは
有馬記念に 出走しない

ありがたい時間でしたが
もっともっと歩き回らねば  

ちなみに 僕の場合
トレセンか 競馬場にいれば 
一日1万歩は 楽勝です  

しかし  
まだ歩き足りないってことで、
(つづく)