土俵際

競馬の「三冠レース」
は 3歳馬だけが出られるもの

皐月賞は 4月に終わり
ダービーは 5月にやった
残る菊花賞は 来月の上旬に

つまりG1レースを勝った3歳馬がいる一方
まだ一度も勝ったことのない3歳馬もいる

それが現実

勝っていない馬が出るレースを
「未勝利戦」といいます

皐月賞の日だって
ダービーデーだって
晴れ舞台に出る馬を横目に
未勝利戦は組まれていた

負けてしまえば
先頭ゴールする その日まで
未勝利戦に出続ける

しかし
いつまでも面倒を見てくれないのが
勝負の世界

〜もう未勝利戦は終了しますよ〜

ゲゲッ!

年下の2歳馬もデビューしている今
3歳で、しかも勝ったことのない馬たちのための
レースなんて
一日のスケジュールに 入る余地がないのだ

実は今月
その未勝利戦の”総決算”が行われている

限定未勝利戦 またの名を
「スーパー未勝利戦」

何がスーパー?
特別ルールが決められていて…



まだ一度も勝てない馬の事情は
いろいろあるが

上の条件に含まれないと
出走すらできない

ここまで2着が5回に 3着が10回
なんて善戦マンでも
通算15回も走っていれば出走資格なし
(ルール)

2着〜2着〜2着〜2着〜前回だけ6着!
なんて馬も出走資格なし
(ルール)

そしてどんなに惜しいレースだろうと
負ければ、次はない
(ルール☆)

4週にわたって行われたスーパー未勝利戦は
今週の土日 中山と阪神競馬場の
合計4レースで おしまい

最後に勝てる馬は 4頭
さて、誰が勝つ

生き残りをかけた競走が
そこにあります