じっと、じっと

とある牧場で
「舎飼(しゃがい)」となっている一頭
舎飼…脚元になんらかの故障があり
走ることはもちろん、歩くことも許されない
状態の馬を そう扱います

太らせると脚に負担が増すため
食事は抑え目 しかしこの馬
自分のけがの程度が分かっているかように
イライラすることもなく
厩舎のなかで じっとしている

年が明けるころには
きっと 外で少しずつ体を動かせる…
その日まで
じっと、じっと
辛抱、シンボウ