はっぱふみふみ

は、知らない
倍率ドン、さらに倍
は、ずっと見ていた。
なんちゅーか、ほんちゅーか
も、よく見ていた。

自分の年齢だと、そんなところ

大橋巨泉さんが亡くなりました

生前のことについては
多く報じられていたので
上の言葉を久しぶりに思い出した、
あるいは
今回初めて知った、そんな人もいるでしょう

番組の選り好みがどれほどあろうと
巨泉さんと、もうひとり萩本欽一さん
この二人を見ずにスイッチを切ることはできない
それが昭和のテレビだったのではないでしょうか
そのくらい活躍していました

そして巨泉さんといえば、競馬
「巨泉でバッチリ」のタイトルで
毎週競馬新聞にコラムが載った
いやコラムでなく、専門家としての見解記事

いまや確かめるすべもないが
税務署に申告の際
ハズレ馬券を詰め込んだ段ボールを持ちこみ
「必要経費に認めろ!」と迫ったとの噂も出回ったっけ

自分が競馬を見始めたころの
”競馬評論家・大橋巨泉”が強く印象に残っており
来週の「週刊Gallop」にも
綴っております