サンタさん

クリスマス。

うちにもサンタさんが来てくれました。

子供たちのはしゃぎようったらありゃしません。
朝からハイテンション!


よくわからないなりに、
1歳児もプレゼント片手に嬉しそうに駆け回っています。
笑顔炸裂。



そういえば、私が小学校6年生の頃、
犬が飼いたくてサンタさんにお願いした
「白いトイプードルが欲しいです」
の願いは遠く届かず、

朝起きると
陶器の動かぬマルチーズがポツンと置かれていました。

冷たい……。
静か……。
犬種が違う……。
かろうじて、色は白。

泣いた、泣いた。


この一件を機に、私のもとへサンタさんは来なくなってしまいました。


その時の気持ち、
実は未だに忘れられず
よーく覚えているんですよねー。

生き物のオーダーは
サンタさんも相当困ったことだろうと今は察します。



今や立場も変わりました。


「サンタさん、来てくれるかな〜?」と毎晩心配しながら床につく娘を見る度、

鏡文字になりながらも
一生懸命サンタさんに書いた娘の手紙を見る度、

子供たちのピュアな気持ちに
なるべく長く寄り添える親でありたいと思っています。