2015-05-13から1日間の記事一覧

ときめく読書。

読み始めて、ぐいっとこころをつかまれる本は、ページをめくるたびにときめきます。養老孟司さんの『自分の壁』を読了して、爽快というわけでもなく、力が湧くでもなく、痛快でもなく、唯一無二のことばの存在感に、読み終えたら付箋だらけになりました。壁…